TAKING TOO LONG?
CLICK/TAP HERE TO CLOSE LOADING SCREEN.
Anne Crescini

恐ろしい給食 (Scary School Lunches)

American school lunches are legendary around the world for being both unhealthy and gross. A couple of years ago, I went to the U.S. on a teaching and research sabbatical, and enrolled my Japan-born kids in the U.S. school system for the first time in their young lives. Since I am American and spent my entire childhood in American schools, you would think that I would have been prepared for the culinary onslaught coming on my kids, kids who were brought up on fish, miso soup and rice. Nothing could have prepared me for that, though. I was shocked at how shockingly bad it actually was. I’ll never forget the day my middle daughter Abby, who is crazy about salmon, said to me, “Mommy, how come there is never any fish in the school lunches?” Granted, we were in the mountains of Virginia, far, far away from the ocean, but like she said, there was never fish in the school lunches. Except maybe those frozen fish stick thingies.

アメリカの給食は悪い意味で、伝説的です。多分世界中にアメリカの給食の話を聞いた事がない人は少ない。不健康だけじゃなくて、まずいアメリカの給食は、多分私は小さい時からあまり変わってない。2年前に、私の仕事のために、1年間家族でアメリカに行った。日本生まれ育ち、私の娘3人は初めてアメリカの小学校に行くことを経験した。ずっと小学校から高校までアメリカ給食を食べてきたアンちゃんは、きっとどんだけ給食が悪いかってわかってるはず何やけど、違う。ショックがあまりにも大きすぎた。今まで日本の給食(魚、みそ汁、米)を食べてきた私のちびたちも、大きなショックを受けたに違いない。よく覚えてるのは、ある日、鮭が大好き真ん中のアビちゃんに「ママ、何で給食にお魚は全く出ないと」と聞かれたことです。まあ、海から遠いバージニア州に居たからしょうがないかもしれんけど、一回もお魚出なかった。

So, if there is never any fish, what exactly does constitute a school lunch? Well, I can say that most of the time it was hot dogs, chicken nuggets, pizza, hamburgers, pasta, some mysterious meat loaf or meatball concoction, or tacos, which the kids say weren’t all that bad. Most if not all of the food was over processed and frozen, and not only was it not healthy, the kids didn’t even like it. This menu seemed to be on some kind of repeat cycle, and the same foods would appear over and over again. I am pretty sure that none of this stuff has ever made an appearance in a Japanese school lunch.

じゃ、お魚が出なかったら、どういうもの出るとって聞きたいやろう?大体こういうものが多かった:ホットドック、チキンナゲット、ピザ、パスタ、ハンバーガー、何とかの分けわからんミートボールみたいなもの。たまに出たタコスだけは好評だった。殆どのメニューは加工している冷凍食品で、不健康だけじゃなくてバリバリまずいらしい。この7つのメニューは何とかのクールで繰り返された。こういうものは、日本の給食に出たことあるかな。いや、多分ないやろう。

Since my kids couldn’t stomach the school lunches, they brought their lunches from home almost every day, except on taco day. Unlike in Japanese schools, where kids eat school lunch or starve, American kids have the option of bringing their lunch from home. I wish that I could say that I was a great Japanese mommy and made nutritious bentos for my kids everyday, but sadly, that was not the case. I was both busy and lazy, and I found myself making and sending mostly crap (by high Japanese standards of food) with my kids to school everyday. I was packing ham sandwiches, chips, fruit, some kind of processed fruit snacks, and the worst offender of all, that juice wannabe, pure sugar evil called Capri Sun. I felt like a horrible mom packing such junk for my kids, until one day Riz and I went along as chaperones from kindergartner Emmy’s school picnic. I was shocked at the kinds of stuff those kids were pulling out–donuts, chips, Lunchables (that should not even be allowed to be called food), candy, Capri Sun, chocolate. hamburgers. It was almost like these 5-year old kids had packed their lunches themselves. Who knows? Maybe they did. It was at that point that I realized that what would be considered criminal activity among Japanese moms (packing a sandwich and chips) was actually one of the healthier food choices in Emmy’s class. It was that day that I understood why half the kids in her class were overweight.

うちのキッズは給食を食べ切らんかったから、タコスの日以外、ランチを持たせた。日本の小学校と違って(日本の小学校では二つの選択肢しかないー給食を完食をするか、完食するまで先生に怒られて泣かせられるか)アメリカの小学生は、給食を食べるか、家からお弁当みたいな物を持って行くかの選択肢がある。私はずっと日本に住んでたから、えらい日本人ママと同じように美味しくて、健康的なお弁当を毎日持たせたと言いたいけど、それを言えない。残念な事に、私は怠けてたから、毎日食べ物と呼ばれる権利がない食べ物みたいなものをランチボックスに入れて持たせた。それは、多分1番後悔していることかな。ハムかピーナツバターサンドイッチ、チップス、こどもが大好きな果物が全く入ってないフルーツグミー、クーキーなどを準備した。最後に、一番邪悪な物、カプリサンという飲み物。カプリサンは、私の小さい時からずっとあるものです。カプリサンは、簡単にどこでも持って行けるように、レトロカレーが入った袋みたい、ストロを刺すジュースです。ジュースというよりは、添加物が入った砂糖水です。私のキッズがバリバリ好きだった。持たせる度に、罪悪感があったけど、1年間で死なないかなと自分を説得した。でもある日、この罪悪感はちょっとだけなくなった。1番下の子供のエミちゃんは、日本で年長だったけど、アメリカでは、年長のクラスは小学校の低学年で、kindergartenと呼ばれる。だから、アメリカでエミちゃんは小学生だったけど、日本に戻った後、また保育園に行かんといけんかった。とにかくある日、エミちゃんのクラスは遠足があったから、旦那のリズと一緒に引率として行った。お昼の時間になったら、あまりにもショックを受けすぎて倒れそうになった。クラスの殆どの6歳の子供は、ランチボックスから恐ろしいものばっかりを出した:ピザ、チップス、ドーナツ、クーキー、ハンバーガー。最後にもちろん、邪悪のカプリサン。何、このランチボックスたち?だと思った。その朝、それぞれの子供のお母さんは、「どうぞ、好きなものを入れなさい!」と言ったわけ?そんな感じだった。こういうことは、日本では犯罪に近いなと思う。もちろんみんなじゃないよ。栄養をすごく考えるママもいるけど、その遠足で殆どの子供の出したものは恐ろしかった。その日に気づいたのは、私のランチボックスは日本では食べ物と思われないけど、アメリカでは、健康的な方。不思議なあ。その日に、何でアメリカの子供はこんなに太っていることもわかった。

Japanese kids don’t really have a  lot of likes and dislikes like American kids do. They eat the school lunch, like I said, or they starve. As a result, most kids in Japan like most things, and if there is something they don’t like, well, they ask their teachers to give them less of it and they eat it anyway. Now, I am not a big fan of making my kids eat stuff that they hate to the point of gagging, like in the case of my Emmy with fish. She really hates fish, so I don’t make her eat it much at home, but when it makes an appearance in her lunch at school, she has to suck it up and eat at least a little. I would hate it if someone made me eat natto, so I can understand her feelings. At the same time, I think kids should be made to try stuff. I have seen kids in America who only eat pizza and macaroni and cheese, and their parents make two different dinners at night–one for the picky kids and one for the adults. I think this is crazy. Of course, I am not stereotyping the whole country, and I have many friends who refuse to do this, but I saw a lot of picky kids in the U.S. I think Americans are just overrun with choices, and so if there is something they mildly dislike they can avoid it

アメリカの子供と違って、日本の子供はあまり好き嫌いが多くない。給食が好きか好きじゃないかと関係なく食べる。食べるしかない。もし好きじゃないものが出れば、先生に減らしてもらうけど、ちょっとだけ食べないと。私は、どうしても、吐きたくなるまで嫌いなものがあったら、むりやり食べさせることがあまり好きじゃないけど、やっぱり、何でも食べてみないといけんと思う。末子のエミちゃんはマジお魚が嫌い、小さい時から。家ではあまり食べさせないけど、学校で食べんといけんとわかっている。私は納豆がバリバリ嫌いだから、もしね、食べさせられた吐くかも。だからエミちゃんの気持ちがわかる。でも、どんなに納豆が嫌いでも、子供のために納豆料理をする時に一口くらい食べるべきだと思う。もしかしたら、いつか好きになるかも。この間納豆チャーハンを作った時に、味見したけど、嫌いだから美味しいかどうか判断出来なかった。でもミアちゃんは、何回もお変わりしたから美味しかったらしい。不思議。とにかく、好き嫌いがありすぎると良くない。言い過ぎかもしれんけど、それは親のせいだと思う。アメリカにいた時、友達の子供はピザとパスタしか食べんかった。お母さんは、親用と子供用の夕食を作った。ありえん。もちろんみんなそうではないよ。日本みたいな厳しい親もたくさんいる。けど、やっぱり好き嫌いが多い。アメリカ人は選択肢がありすぎて、あまり好きじゃないことを簡単に避けられるから好き嫌いはよく出ると思う。

There was also breakfast at the elementary school for kids who got to school early, or who didn’t have time to eat at home. It was mostly sugar–sugary cereals, breads, pastries, fruit in syrup. When we had friends visit from Japan, the kids were so excited that they got to come to school for a day to see what school life was like in America. I think eating the school breakfast was the highlight of their days, because they knew that it was their last opportunity ever to eat such outrageous foods at school. They scored again when the lunch was hamburger and fries. My Emmy, who has by far the biggest sweet tooth of all the Crescinis, loves sugary breakfast foods. We always told the kids they couldn’t eat breakfast at school, partly to save money and partly to save their teeth. So we always fed them at home before putting them on the school bus. Americans schools have this account system where you put money into a kid’s account online, then when they want to buy breakfast or lunch, they punch their number into a keypad and the money is deducted from the account automatically. One day, Riz was checking the kids’ account and discovered that Emmy’s was unusually low. He discovered that she had been sneaky, going behind our backs and eating breakfast at school–even after eating at home. Busted.

家では朝を食べる時間がなかった子供のために、小学校は朝ご飯も準備してくれた。殆ど砂糖まみれのものだった。砂糖まみれのパン。砂糖まみれのドーナツ。砂糖まみれのシリアル。ちょっと話はズレるけど、アメリカ人はとにかく、砂糖中毒、私を含めて。どこにいても(教会、習い事、学校、パーティー)帰ってきた時に、ポケットからお菓子を出しながら「ママ!見て!もらった!やった!」と毎日言ったような気がする。学校でも、毎日の金曜日アイスが出た。ごめん。朝ご飯の話に戻る。ある時、日本から大親友の家族が遊びに来てくれた。小学生3人がいて、うちの子供と一緒に小学校に行く許可を得た。6人ともバリバリ楽しみにしてた。多分1番楽しんでたことは、やっぱりあの恐ろしい砂糖まみれの朝食。人生で唯一のチャンスだから、あのジャンクフードを大事にしながら、喜んで食べた。うちのエミちゃんは、誰よりも甘党。いつも小学校で朝食を食べたかったけど、虫歯にならないように、節約のために、太らないように、殆どいつも断った。だから学校に行く前に食べさした。アメリカの小学校では、こどもは一人一人の口座があって、オンラインで親はその口座にお金を入れる。そして、朝食、昼食を食べたい時に子供は自分の口座番号を入れたら口座から引かれる。ある日、リズは口座の残高を確認した時に「あれ、何でエミの口座にあまり入ってないの?」と思った。調べたら、エミは私たちを騙して、早く学校に着いた時に2回目の朝ご飯を食べてた。バレたバイ。

Geez, I am long-winded and this blog is getting way too long. Sorry about that. This is the last thing I want to say. One thing that I really like about American school lunches is the fact that parents are allowed to eat with the kids. Unlike in Japanese schools, where kids serve each other and eat in their classrooms, in American schools kids eat in the cafeteria. I don’t want to sound like I am criticizing everything, and I really liked that I could go eat lunch with my kids. There was nothing like seeing the joy on their faces when I came to eat with them. But one thing did shock me. I couldn’t believe that parents were allowed to take whatever they wanted–Pizza Hut pizza, Bojangles friend chicken, McDonald’s Happy meal–and eat it right there with their kids and their friends. I thought that was a little extreme, and I thought that most of my Japanese friends would spit out their French fries if they saw that.

このブログはバリバリ長くなったから、申し訳ない。もう一つ勉強になったことを言ってから終わるね。私のキッズの小学校で、親はいつでも子供と一緒に食堂で食べる事が出来た。日本の小学校と違って、教室じゃなくて食堂で食べる。だから、親は自分の子供の給食時間がわかれば、自分のランチを持って行って、子供のクラスと一緒に食べても全然大丈夫だった。それはとても素晴らしいことなと思った。そんなにたくさん行けんかったけど、行った時に子供は嬉しくてたまらんかった。ただ一つの信じられないことでびっくりした。親は、食べ物を何でも持って行っていい。ピザ、フライドチキン、マック。ピザの箱を持ったママ食堂に入って、それを子供と一緒に食べても全然平気だった。それだけ、ちょっと極端なあと思った。

It turns out that despite my total apathy towards cooking and way too many Capri Suns and fruit snacks, that my kids returned to Japan and their Japanese eating habits in relatively good shape. They quickly stopped asking for Doritos and sweet tea, and filled their tummies with rice balls. Despite my disdain for the school lunch system in the U.S, there were many aspects of the elementary school system that I was crazy about, the main one being the love, care and attention that the teachers at the school gave to my kids. Abby didn’t even know the entire alphabet when we left Japan, but she returned reading way above her grade level. But most of all, it was the hugs and kisses they got everyday in school that we miss the most. While Japanese schools educate my kids’ minds and feed their stomachs, sometimes I feel they do not do an adequate job meeting my kids’ emotional needs for encouragement. This is one area in which I think American school excel. So I am willing to overlook one too many ice cream cones considering they were loved deeply by their teachers for an entire year.

アメリカにいる1年間の間に、砂糖を10年分を食べたにもかかわらず、私の子供は無事に日本に戻って、自然に日本の食べ方に戻った。帰国して何週間以内、大好きだったチップス、カプリサン、フルーツグミーを欲しくなくなった。その代わりに、おにぎりと麦茶と改めた仲良くなった。アメリカの小学校を批判しているばっかりと思われたくないから、最後にとても感動したことを言いたい。私のキッズの先生たち、そして小学校のスタッフのみんなさんは、本当にミア、アビ、エミを大事にしたり愛してくれたりした。毎朝学校に着いた時に、交通安全を担当していた先生から大きなハグをもらった。必ず。何よりもそのハグとキスと励ましの言葉は素晴らしかった。アメリカに行く前にアルファベットさえわからなかった真ん中のアビちゃんは、日本に帰った時、アメリアの同じ学年の子供より読解力が優れてた。日本の学校は、確かに教育と給食は素晴らしい。ただ、正直言うと、私の子供の精神的、感情的なニーズに関して、アメリカの小学校のほうが満たすことができたと思う。アメリカの先生たちに本当に愛されたから、アイスクリームを食べ過ぎたことを見逃そうかな。うん。そうする。

 

Category: Blog
Comments closed.