TAKING TOO LONG?
CLICK/TAP HERE TO CLOSE LOADING SCREEN.
Anne Crescini

Ageing is a Privilege (年を取ることは特権だ)

Last month I had my 43rd birthday. I still can’t believe my youthful character is trapped in a 43-year old body. I figure there is no way I could be 43 feeling as chipper as I do; then I look in the mirror and see my Mom’s face staring back at me. (No offense, mom. I love your face). I remember when I was a kid, and my mom entered her 40s. I was convinced she was a dinosaur on the verge of death. I probably thought she was on her way out, and that the best part of her life was over.  We even had an over-the-hill birthday party for her with black balloons and decorations, symbolizing that she had one foot in the grave. It was a joke, but my pre-teen self probably half believed it to be true. But now that I am there myself, as I wait with anticipation the completion of my own private rock climbing wall, I am convinced that my 40s are the prime of my life, and that my life is not almost over, but just beginning. And I can’t wait.

最近無事に43歳になりました。こんな陽気なアンちゃんが、43歳の体に閉じ込められていることは信じられない。「本当に私は43歳なの?」と自分に言うけど、鏡を見ると、私の顔はお母さんの顔になっていることを気づく。うん。確かに、43歳なんだ。とにかく、小さい時、お母さんは40代に入った時、よく覚えている。バースデーパーティーをして、黒い風船を飾ったり、黒いケーキを食べたりした。来てくれた人も黒いTシャツ。意味は、死が近くなったということ。冗談っぽくしたんだけど、多分当時の私は、本当にそう思った。40歳の人の人生は殆ど終わったやろう?でも自分は40代に入った時、まったくそう思わなかった。43歳になったばっかりアンちゃんは、後もうちょっと家の中で完成されるボルタリングの壁を考えながら、これからの人生は楽しみやと思う。やっぱり、40代に入ると人生が終わるじゃなくて、始まるんじゃない?

I have never understood the reluctance of people to share their age. It is said, both in Japan and in America, that asking someone’s age is insufferably rude. I guess I have never understood that. With a smile on my wrinkled face, I always tell my students my age on the very first day of class.  I mean, what’s the big deal? Everybody is born, everybody ages, and everybody dies. Life is a cycle, and there is no point trying to fight it, whether it be through the denial of it, or the hiding of it with various modern-day versions of the fountain of youth–miracle creams, plastic surgery and kale (kale is the answer for everything, supposedly). Of course, everyone should take care of themselves and their skin, but if you look 20 when you are 45, well, that is weird and disturbing. Just saying.

多くの女性は、自分の年を誰にも教えたくないやろう?それは、正直、理解ができない。日本でもアメリカでも、女性の年を聞くことは失礼だと言われている。私は違う。毎年、大学の授業の最初の日にシワだらけの笑顔で、学生に43歳です!と言います。いいじゃない?人間、誰でも生まれて、年を取って、死ぬ。人生はサイクルだからしょうがない。だから、年を取ることと戦わないで、機嫌よく感謝の気持ちが溢れながら、人生を過ごしたほうがいいんじゃない?年を取ることが嫌になっても、整形をしても、1万円の何とかのクリームを毎晩寝る前につけても、毎日ケールを食べても(ケールはとにかくミラクルフードらしい)、年を取ることを避けられない。もちろんある程度のケアしたほうがいい。日差しを避けたり、たまに顔を洗ったりすることは当然(それはアメリカンジョーク。毎日一応顔を洗います)。けど45歳で20歳に見えたら、正直、キモい。

My friend Andrea always says that ageing is a privilege. I cannot tell you how much I like that. Not everyone in this world gets that privilege. Lots of people die at the prime of their lives. I can honestly say that I am happier now than I ever have been. My 20s were fun, and I enjoyed being newly married and having the new experiences of Japan, but we were always broke and didn’t have the joys of kids yet. My 30s were a time of financial stability, but of childraising exhaustion. Now, I find my life to be close to perfect. I have a great job that I love; I have a wonderful husband and three kids who are finally old enough to take a shower by themselves and not to pee on me; I speak Japanese fluently and can function well in society; I have friends so special that I could write a whole blog only about them; I am financially secure and just bought my first house; and best of all, Jesus loves me. That is the one thing that has never changed.

友達のアンドレアさんはいつもこう言っている。「年を取ることは特権です。」どんだけこの表現が好きかって説明できない。考えて。年を取ることをするチャンスがない人はこの世に沢山いる。一番元気な時、死んでしまう。だから、次の誕生日に無事に着くことだけで感謝すべきだと私は思う。43歳のアンちゃんの人生は、今までの一番幸せな時期です。20代は結婚したばっかりで、リズと日本で色々を経験することは楽しかったけど、お金がなかった。マジなかった。そして、異文化で住むストレスがあったり、体の調子が悪かったり、結構大変な時期だった。30代は、カルチャーショックが殆どなくなって、経済的にも落ちづいたけど、育児で死にそうだった。今はマジ楽しい。完璧に近い。本当に「お金もらっていいかな」くらい、好きな仕事がある。素晴らしいサポートをしてくれる旦那がいる。やっと自分たちでお風呂に入るようになった健康的な三人娘がいる。日本語がうまくなって、日常生活は困らないだけじゃなくて、英語がわからない友達とめちゃくちゃ仲良くなれるようになった。友達にバリバリ恵まれていることについて、永遠に書けます。今まで、こんなに友達に恵まれている時期がなかった。そしてやっと経済的な心配がなくて、生まれて初めてマイホームを購入した。でも何よりも神様はいつも私のそばにいてくれて、私を深く愛してくれている。それだけ、ずっと代わりがないんだ。

So don’t look at my wrinkled face and feel sorry for me that I am 43. My life has never been better, and I have never been happier or more thankful for God’s blessings in my life. The other day I was reflecting on all I have to be thankful for, and I was overwhelmed with gratitude. Not only has God blessed me with all these huge things that I just wrote about, he also made sure that someone invented iherb.com and made it possible to get cheap peanut butter in Japan. I mean, how cool is that? Life can be hard. Believe, I have had my share of struggles; but it can also be fulfilling and fun if you let it. And it is not just about the big things, but we need to always be thankful for the little things like peanut butter. What is like peanut butter for you? The next time you feel you body is creaking with age, you see your mother’s face staring back at you in the mirror, or you wonder why your boobs are sagging so much, take a minute to pause and be thankful for all of these things. Remember to be thankful, too, for peanut butter, flowers, coffee, or whatever little thing brings you joy. Let’s live life with gratitude and joy, and remember that each birthday, and ageing, is a privilege.

だから、私のシワだらけの顔を見たら、かわいそうと思わないでね。私の人生は最高に楽しい。20代に戻れても、戻らない。この間、私の恵まれている人生を考えたら、感謝の気持ちでいっぱいだった。上に書いた事(旦那、子供、仕事、友達、など)が与えてくれたことはもちろんありがたいけど、それだけじゃないよ。iherb.comのおかげで、私の大好きなピーナツバターも毎日安く食べれるようになった。すごかろう?人生に大変な時が来る。それは間違いない。けど、祝福と幸せも沢山ある。どんな小さいことでも(ピーナツパターとか)感謝しよう。そうすると、シワとかシミとか体重とかを、気にしなくなる。あなたにとって、ピーナツバターみたいなものは何ですか。体がボロバロになったなあと思う時、鏡を見てお母さんの顔が映ってるなあと思う時、何で私のオッパイはこんなに垂れているかなと思う時に、人生を感謝しよう。次の誕生日は来るかどうかわからないから。保証はない。やっぱり、年を取ることは特権だ。喜んで年を取ろう。

Category: Blog