TAKING TOO LONG?
CLICK/TAP HERE TO CLOSE LOADING SCREEN.
Anne Crescini

Dreamer.

私は英語がわからない友達が多い。最近、1人に「ブログを読みたいけど読めんバイ」っと言われたから、日本語で書こうかなと思った。初めての日本語のブログだから間違いだらけかもしれない。博多弁も出すぎかも。けど、私はいつも学生に言ってるのは、コミュニケーションのゴールは、完璧な文法じゃなくて、言いたいことが通じること。だから、言いたいことは、相手がわかったら、成功した。コミュニケーションが取れたら、小さいミスを気にせんでいい。同じように、私は完璧じゃない日本語で、最近あったすばらしい出来事について、多くの友達に読んでもらいたいから先週英語で書いたブログをここでバイリンガルにする。

Two weeks ago, Riz and I closed on our dream house. Back in November, we weren’t even thinking about buying a house. In fact, I had never wanted to buy a house because I always thought that it would tie us down, and we never knew where we were going to end up. Even in November, a couple days before we decided to buy a house, I didn’t want to buy a house. But then some crazy things happened.

2週間前、マイホームを買った。私は日本に来てから17年もたったけど、去年まで一回も家を購入することを考えてなかった。だって家を買ったら、ずっとその家、その待、その国に住まんといけんなと思ったから、そういう大きなことにコミットはできなかった。普通の人は多分、何ヶ月、何年にかけて家の購入を考えるけど、私は決心する1週間まえまで、考えてなかった。家の買う決心の1週間前まで、全然買いたくなかった。だけど、クレイジーな出来事がたくさんあった。

We asked a carpenter to come over to look at the kitchen in the house we were renting. We were thinking of renovating the kitchen, since it was a billion years old, and it was that nasty vomit green color that all kitchens from the 1970s seem to be. There was a mysterious smell coming from the cabinets as well, which did not bode well. Anyway, the carpenter informed us that that house was yabai (that mean dangerous, awful and crap all rolled up in one Japanese word). There seemed to be hidden mold lurking around every corner, the flooring could give way and swallow us up at anytime, and the foundation was leaning like the Tower of Pisa. Now, I have never been one to give a lick about the interior of a house. I always want to smack around those entitled snobs on HGTV who are bemoaning the color of the countertops and the dishwasher in their kitchen. They should see the vomit green in my kitchen, and hey, I have never had a dishwasher in my life. So, my kitchen had to be pretty bad for me to want to renovate it. But then when I heard that the house is not only an eyesore, but most likely dangerous, that raised a red flag with me. I mean, we just had a pretty big earthquake last year, and one any bigger would send this house tumbling down. The kids practiced taking cover under our 100-pound granite Costco dining room table, which I suspect is stronger than the foundation of the house.

2014年に宗像に引っ越した。めちゃくちゃ大きな、ボロボロの一軒家を借りた。九州に来てからの3件目の一軒家だった。北九州に住んでた家の家賃より3万円安かったから、満足していて、ずっとこっちに住めるなと思った。入った時、持ち主さんはお風呂と洗面所のリフォームをしてくれたけど、キッチンはタッチしなかったから、ずっと住むならリフォームが必要だと思った。築47年の木材の家の台所はマジ見づらかった。色は英語でvomit green。 日本に直訳すると「嘔吐緑」ー嘔吐物の同じ色だから。でも見た目より、キャビネットと引き出しから、出ているミステリアスな匂いのほうが気になってた。何回も掃除したけど、なくならんかった。カビかな。その引き出しの中にあったタオルは、全部そのミステリアスな匂いがした。友達の紹介で業者さんが来てもらって、キッチンのいろいろ見てもらった。彼は判断は簡単でいうと、ヤバい。この家はヤバい。キッチンの匂いだけじゃなくて、床を踏んだらフロリングが凹むから、いつ落ちてもおかしくないような感じだった。それと、土台はヤバい。畳の部屋の床の板が壊れて、外が見えた。やっぱり、いろんな意味でヤバい。

私はインテリアに全く興味がな人。100万円をかけて、壊れてないものを入れ替えること、意味がわからわい。多くの場合、インテリアに関して何も気づかない。あの見づらいキッチンにIKEAの色々を入れた後、なんとか我慢ができるようになって、3年も我慢できた。そういうひとだ。けど、見づらいだけじゃなくて、危ないって言われたら、やっぱり色々考える。去年熊本の地震の後、家族で家庭の避難訓練をした。もし地震が起きたら、どうするかと思ったから。家の一番丈夫なものはやっぱり、コストコで買った50キロのダイニングテーブルだ。地震が起きたら、そのボロボロの家は絶対に倒れるけど、あのテーブルは大丈夫。やっぱり考える。ダイニングテーブルは家の土台より丈夫だったら、引っ越したほうがいいんじゃない?やっぱり、あの家はヤバい。

Anyhoo, that was a Thursday, and that was when the thought first entered my head that we should move. I didn’t really want to, because moving is a pain in the neck, and I loved the space in that house. It was huge. It may be dangerous, moldy and infested with snails, but it was huge. The next day, we visited our friend Yoshiko who had just bought a house and had some renovations done. We were thinking of taking her stovetop burners and heated toilet seat, so we went over to check them out. Turns out that stuff didn’t really fit, but Yoshiko did spend quite a while trying to convince us to buy a house. She felt there was no need for us, at my decent salary, to be living in a rundown, earthquake prone (HUGE!) house. She gave us our first lesson in buying a house, taught us some housing lingo, and told us all about interest rates and loans. Since I had never even done this in English, it was even more puzzling in Japanese. We were joking that we would only buy a house if it had a photo studio for Riz, and a gym for me. We got a big laugh out of that, since, of course there are no houses like that in Japan. But my husband is a dreamer, he always has been, and the seed of a little dream was planted in his heart that day. Only, that seed grew into a full-grown plant in a couple of days. Like everything in our marriage (we got engaged in five weeks), the process of buying a house went forward at the speed of light.

とにかく、業者さんが来てくれた日は木曜日だった。その日は初めて引っ越すことを考えた。けど家を購入するまでには行かなかった。引っ越しは超めんどくさくて、あのボロボロの家はバリバリでかかった。たまにナメクジは家の中に入って来て、夜中踏んだり、手と同じサイズのクモも殺したり、カビの匂いがあったりするけど、バリバリでかいバイ。だから、あまり引っ越したくなかった。でもまあ、危ないからしょうがないと気づいた。2日後の土曜日、友達の所に遊びに行った。よしこさんは、最近家を購入したから、そのプロセスについていろいろ教えてくれた。私の給料で、ナメクジとあのボロボロでカビだらけの家に住む必要はない。アメリカでも家を購入する経験がないから、わからないことだらけだったけど、その日、家を買うことを考え始めた。だって、宗像が好きすぎてたまらない。そして、永住権があるから考えたほうがいいんじゃないと思った。でも正直言うと、あまり真剣じゃなかった。カメラマンの夫は、「まあ写真スタジオが付いたら買うかな」、運動が好きな私は、「ジムがあったら買うかな」と二人で笑ってた。まさか、狭い日本にそういう家なんかないからさ。でも、私たちの心の中に夢の小さい種が植え付けられた。でもその小さい種は、マジわずかな2日ででかい植物になった。この種の成長について聞きたいやろう?

The next day, there was this guest speaker at church. We were sitting in the back, minding our own business, and then suddenly he pointed at Riz and said, “Hey, you! Stand up! I have a message from God for you!” First of all, when someone tells you he has a message from God, you stand up. Second of all, we are baby Pentecostals and had never had anything like this happen to us in our lives. While we believed that God could do anything, we weren’t used to someone pointing us out and prophesying over us at church (Did I spell that right?)

次の日は日曜日だった。アメリカの教会から、ゲストの牧師さんがメッセージをすることになった。私と夫のリズは礼拝堂の後ろに座ってて、静かに礼拝した。突然、かっこいいアメリカの牧師さんは、リズに指を指して、こう言った。「立ちなさい!神様からのメッセージがあります!」ちょっと待って。神様からのメッセージ?。ワオー。私たちはクリスチャンになってから20年以上たったけど、こういうことは初めて。神様は何でもできると信じるからわくわくした。

So we stood up, and Jeff (the cool pastor guy) said to us, “God says, your dreams are too small. You need to dream bigger.” Well, that has never been a problem for Riz; he has always been a dreamer, just a dreamer who gets sidetracked by procrastination and busyness. I, on the other hand, am my mother’s daughter. I am (for the most part) practical (except the part where I got engaged in five weeks, quit school, and moved to Japan). While I never get sidetracked by procrastination, I am averse to risk. I have always been wary of investing in the stock market, or anything else for that matter. Riz, though, uses the word “investment” as a sly ploy for when he really just wants to buy something. “Honey, I think we should invest in a new TV….”

ゆっくり立ち上がった。アメリカから来た、牧師さんのジェフさんは、「神様はあなたたちに言いたいことがあります。あなたの夢は小さすぎる。もっと大きな夢を持ちなさい」と予言された。リズは小さい時から、大きな夢を持つ人です。英語でDreamerと言います。いつも将来のことを考えて、いつも大きな夢について語る人です。リズの問題は、色々を先延ばしにする。実行はなかなかできない。私は逆。何も先延ばししないけど、リスクを避ける。一番安全な確実の選択をする。私は母と一緒。殆どいつも実用的なことを考える(まあ、いつもじゃないけど。5週間でリズとの結婚が決まって、大学院をやめて、日本に行くことにしたから。)とにかく、私はリスクが怖い人。一番確実なことが好き。株とか何かに投資するとか、興味がない。リズは「投資する」という表現を使いすぎるきらいがある。何かを買いたい時に絶対に使う。「新しいテレビの購入は投資である」とか、こういうことはよく言う。ただ、買いたいだけを言ったら、ダメと言われるとわかってるからさ。

While Jeff initially pointed at Riz, I think that message was for me. I am the one who needs bigger dreams, who needs to trust God to do great things in me and through me and for me. I am the one who needs to stop being afraid and start taking risks. My favorite author, Mark Batterson, says in his book Chase the Lion, “In every dream journey, there comes a moment when you have to quit living as if the purpose of life is to arrive safely at death. You have to go after a dream that is destined to fail without divine intervention.” Amen. So Riz and I had to figure out exactly what dream it was that God wanted us to go after.

ジェフさんはリズにそう言った時、リズにのメッセージだと思ったけど、多分違う。私にのメッセージだった。リズの夢はすでに大きい。リスクを避けるアンちゃんの夢はどんだけ小さい?神様は私を通して、大きなことを成し遂げたがってるけど、恐れとリスクを置かないと。私の一番好きな作家、マークバーターソン氏は、Chase The Lionという本の中にこう言っています(自分で訳したからわかりづらいかも)「すべての夢の旅に大事な時が来る。その時は、人生の目的に関しての考え方が変わる時。人生の目的は何ですか。リスクを避けながら、死に無事に着くことですか。違う。それは人生の目的じゃない。夢というものは、リスクを取らないと叶わない。その夢は、神様の助けなしで失敗する夢じゃなかったら、小さすぎる。」アーメン。それはそう。ただ、リズと私は、私たちの人生にその言葉はいったい、どういう意味ですか。神様は、私たちを持って欲しい大きな夢は何ですか。それは、予言を言われた時答えはなかった。いつわかるかなと思った。私は大学の先生になることは神様の導きであることがわかるまでめちゃくちゃ時間かかった。10年以上かな。今回、どのくらいかかるかなと思った。

Well, that took about 80 minutes. Right after church, Riz said, “Hmm. I wonder what is going on with Bokuden’s house.” Bokuden is a friend of our former pastor, Nils, and he is a world-renowned artist. His house, right down the street from the church, had been on and off the market for years, and Riz knew that he had a huge studio space. We hadn’t heard much about the house in the past year or two, but Riz called Pastor Nils to ask about it. Nils said to us, “Bokuden is moving out of the house tomorrow. Can you come look at it now?” Tomorrow? Are you kidding me? So, of course, since we were now be commanded by the God of the universe to follow our dreams, we had nothing else to do that Sunday afternoon, so we were off to check out Bokuden’s house.

えーと。80分くらいかかった。礼拝が終わってすぐ、リズの頭の中にずっと考えてないことが浮かんできた。「ぼくでんさんの家はどうなってるかな」といきなり言いました。ぼくでんさんは、教会の牧師のニルス先生の友達です。ぼくでんさんは、田舎の宗像に住みながら世界の一流アーティストと書道家です。彼の家は教会から5分しか離れてない。何年前にその家を売りに出したことを聞いたけど、その時あまり何も思わなかった。リズは、一回見に行った、「すごくでかいスタジオがある」って言った記憶がある。そして「それを写真スタジオにできたらいいなあ」と言ったけど、多分その時のアンちゃんは「そうなんだけど、現実的じゃないから無理やん」みたいな答えはしたと思う。最近、その家の話は何も聞いてないからどうなってるかわからんかった。リズはすぐニルス先生に電話した。「あの家、どうなってる?まだ売りに出してる?」と聞いた。ニルスはわからなかったから、「ぼくでんさんに聞いて見る」って。その10分後、ニルス先生から電話がかかって来た。「ぼくでんさんは明日、引っ越します!今すぐ見に来れる?」と聞かれた。明日引っ越し?まさか!すぐ決めた。この世を作ってくれた、偉大な神様に「大きな夢を持ちなさい!」と命じられたから、すぐ見に行かざるをえないと。(この文法のパータンを最近友達に教えてもらったから、ここで使わざるとえないかなと思った。響きが好きすぎ。)とにかく、見に行った。

We fell in love immediately. The studio space was Riz’s dream; there was a room off the kitchen that would be perfect to turn into a gym for me; there was a huge yard with grass (Japanese people hate grass); and the kids loved the rooms that would be theirs. Bokuden told us it was not on the market yet, and that we could have it if we wanted it. Now, Riz and I are quite impulsive, as can be evidenced in our five-week courtship. But buying a house is a big deal (and marriage, isn’t? Hmm..). Anyway, we thought we should pray about it at least. But after a couple days, we had so many affirmations, we started to wonder if we should even be praying about it anymore. It is kinda like when you tell your kids they can do something 100 times, and they keep asking if they can do it. We both had total peace, which rarely happens for a big decision, and even my non-Christian friend had a dream about me buying the house. Most of our friends thought it was a great idea, so after three or four days, we called Bokuden and told him that we wanted it. And that was that.

すぐ恋に落ちた。書道のクラスで使ってたスタジオの大きさは半端なかった。スタジオは家に付いてるから家賃を払う必要もない。キッチンの横に、簡単にジムが出来る部屋もあった。ゴムの床にして、ボルタリングの壁を付けて、(贅沢かも)ランニングマシンを買って。私の今までの小さい夢は大きくなり始めて、今までのリスクの恐れは消えて行った。子供も自分たちで部屋を決めた。庭も大きくて、奇麗な芝生だった。面倒だから殆どの日本人は庭の芝生が嫌いけど、この家は芝生で溢れていた。ぼくでんさんは、この家はまだ売りに出したないと言ったけど、購入したかったらどうぞうって言ってくれた。土地と家を会わせて150坪。田舎だから安い。本当に日本にこの家あると?リズと私は結構衝動的な性格がある。その証拠は、結婚が決まるまで5週間の付き合いしかなかった。けど、家の購入はバリバリ大きな決心だから(結婚の相手も大きな決心なんだけど)、ちょっと考えたり、祈ったりしたほうがいいかなと二人とも思った。火曜日くらいまで祈ったけど、いつもまで祈ったらいいかと思った。その前の週の木曜日から5日しか経てない。その間、神様のYES!!は計り知れないくらい多かった。時々、私の子供は、「ママ、後で買い物に行っていい?」と聞いて、私は「はい。いいよ」と答える。なのに、何回も子供が同じことを聞きに来る。「ママ、後で買い物に行っていい?」私は、「いいよと言ったから、何でまた聞きに来ると?」と腹立て答える。この家を買うことに対して、同じような感じがした。神様は、「いいよ。買っていいよ。」と明らかに言ってるから、もう祈らなくてもいいんじゃない?それと、リズと私の意見は、一致するまで時間がかかることが多い。鼻のピアスとタトゥーのOKが出るまで結構時間かかった。けど、この家が、二人とも大好きだった。二人とも買いたくてたまらんかった。その一致も、きっと神様のOKだと二人とも思った。だから、決めた。買う。絶対に買う。友達の経験で、ローンを組むことは1−2ヶ月しかかからないから、年明けくらいまで手続き終えて、3月に引っ越せると思った。簡単だ。

Only that wasn’t that. Getting the loan was the biggest headache I have had since suffering from meningitis ten years ago. There was roadblock after roadblock, but not once did we stop dreaming or stop believing. We knew that this dream, that this house, was from God, and that it was going to happen. And then, almost six months later on April 28, it did happen. The house was finally ours, and our dream came true. Only we are still dreaming. The renovations on my gym are starting next week; we are getting a kitchen that is not vomit green with countertops built for someone over 5 feet tall. Riz’s studio space will be renovated in the summer, and hopefully he can start working there in the fall.

簡単じゃなかった。ローンを組むことはバリバリ大変だった。勘違い、誤解、誰かのミス。手続きの記入漏れ。などなど。何もスムーズには行かなかった。。今、振り替えて見ると笑えるけど、その時は泣きたかった。けど、ずっと心の中に平安があった。確かに、時々疑問に襲われた。やっぱり、ダメだ。神様の導きじゃないんだ。と思ったことがあった。でもその迷いはすぐ、神様からもらった希望に変わった。時間がかかるかもしれんけど、絶対に神様からもらった夢は叶う。そうなった。4月28日に融資が出て、印鑑を100回(くらい)押して、書類を50枚記入して、素敵な宗像市のひかりが丘の家の持ち主になった。ああ、そうそう。ひかりが丘という地名は素敵。聖書にクリスチャンたちは丘のひかりになるべきと書いてある。私たちは高いところでひかりのようなものになれたら、誰でも神様の愛が見える。私は、この家に住みながら、宗像の市民たちに神様の愛を見せることができたら幸せです。

We got a huge house with a gym, a huge yard and a built-in studio space for $820 a month. It sounds ridiculous, but it is true. I am still a baby Pentecostal and I must admit there is still a lot that I don’t understand, but I know that I am tired of being afraid of risks and tired of having small dreams. My husband has sacrificed his whole life for me to follow my dreams; I am glad that he is finally following his. I can’t wait to use my dream house for parties and ministry and friendship. This is not our house, but God’s, and we cannot wait to give it back to him.

神様の祝福は大きい。11月に全然無理だと思ったスタジオとジムが付いている家が与えられた。しかも芝生が大好きなアンちゃんに立派な芝生で溢れている庭も備えてくれた。確かに、私の夢は小さかった。ジムだけがあったらいいなと思った。神様はおまけに芝生を与えてくれた。クリスチャンとしてまだわからない、理解ができてないことが多いけど、恐れでリスクを避けることは嫌だ。私の小さくて、リスクをとらなくてもいい夢もいらない。死ぬ時に、大きいな夢を持って、背いっぱい神様のために生きて行ったことに確信があるなら、満足です。リズのためにも頑張りたい。彼は、私たち結婚してから、ずっと自分をやりたいことをおいて、大好きなアンちゃんのキャリを応援してくれた。リズの夢を叶う事を見るよりもいい気持ちはない。リズと私は神様からこの家をもらって、神様のために使う。この夢はどこに私たちを連れて行くか、わからないけど、わくわくしてたまらない。

Category: Blog